マイナポイントのチャージ先を選ぶときのチェックポイント2

昨日はQRコード決済のd払いでマイナポイントのチャージ先を選ぶときのチェックポイントをお伝えしました。

マイナポイントのチャージ先を選ぶときのチェックポイント
マイナポイント事業サイトよりマイナポイントは、申し込みをしたキャッシュレスサービスでお買い物をして2万円分を支払うか、2万円分の電子マネーをチャージすれば、上限の5000円分が付与されます。マイナポイントのチャージ先は大き...

今日は、非接触決済の一つである「楽天Edy」での例を見ていきたいと思います。楽天Edy、WAON や Suica、ICOCAといった交通系ICカードなどの非接触決済は、いわゆる、電子マネーとよばれているものですね。こちらは、申し込みをして2万円分チャージすればマイナポイント上限5000円分の付与対象になります。

チェックポイントを解説 楽天Edy の場合

楽天Edyは、日本で初めて全国規模で導入された非接触型決済による電子マネーです。前身であるビットワレット社のEdy運用から今年で20年になります。2016年にはEdyの累計発行カード枚数は1億枚を突破していて、コンビニ各社やイトーヨーカドーなどのスーパー、ドラッグストア、ファストフード店、自動販売機など、様々なところで使え、その数は85万か所にもなります。おサイフケータイに対応したAndroidスマホなら、楽天市場はもちろんのことAmazonでも使えます。

楽天Edy20周年 感謝を込めて | 電子マネー 楽天Edy
楽天Edyは、今年で20周年 今までも、そして、これからも、安心・安全な決済サービスを提供し続けます

お得なキャンペーンをチェック

楽天Edy20周年キャンペーン 第一弾 が開催されています。

楽天Edy20周年キャンペーン 第一弾 20万シャリ〜ン♪ごとに山分けポイントが増える!最大100万ポイントプレゼント:楽天Edy
楽天Edy20周年キャンペーン 第一弾 20万シャリ〜ン♪ごとに山分けポイントが増える!最大100万ポイントプレゼント

支払元をチェック

Edyカードの種類やスマホによって、可能な入金方法が変わります。

  • Edy-楽天ポイントカード(デザインが豊富)・Edyグッズ
    現金、クレジットカードでチャージ可能
  • Edy機能付き楽天カード(楽天のクレジットカード)
    現金、クレジットカードからチャージ可能
    オートチャージ可能
    ただし、カードのデザインはほぼ選べません。
  • おサイフケータイ
    現金、クレジットカードからチャージ可能
    オートチャージ可能

詳しくはこちら↓

初めて楽天Edyをご利用の方へ 電子マネー楽天Edyの使い方
電子マネー「楽天Edy」は、全国の加盟店で使えて好きなポイントも貯まる!

★ご自分のニーズや環境に合わせて、適切な方法を選んでくださいね★

デザインが豊富なEdy-楽天ポイントカード

QRコード決済はスマホのアプリを使用しますが、非接触決済は、カードを使っている人の割合がまだ圧倒的に多いです。楽天市場の検索でも Edy カード キャラクター と入力すると、なんと452件もヒットして、たくさんのデザインの中からお好みのデザインが選べる というのも、魅力の一つになっています。

↓リンク先の左側がメニューになっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Edy-楽天ポイントカード
価格:330円(税込、送料別) (2021/4/30時点)


お気に入りのカードだと、使うのも楽しくなりますね。

マイナポイントが付与されるポイントをチェック

マイナポイントを楽天Edyで申し込み、楽天Edyを2万円分チャージすると、楽天ポイントではなく、楽天Edyが5000円分受け取れます。Edyは電子マネーという特性上、ギフトという形で付与されて、簡単な操作でEdyとして受け取ることができます。

詳しくはこちら↓

Edyの受け取り(Edyギフトサービス):楽天Edy
電子マネー「楽天Edy」は、全国の加盟店で使えて好きなポイントも貯まる! Edyの受け取り(Edyギフトサービス)

楽天Edy 最大の魅力は利用可能範囲の広さ

今回、楽天Edyについて調べて思ったのは、本当に利用可能範囲が広いということです。私の場合ですと、関西の割と田舎な場所で、生活圏内のスーパーやホームセンター、ドラッグストア、コンビニで、ほぼ使えます。他のサービスを寄せ付けないほどの圧倒的利便性があります。(もっと早く知っていれば良かった・・・と後悔 笑)

ただ、スマホでのキャッシュレス生活という点に焦点を当てれば、iPhoneユーザーには使いづらい点もあります。Edyをスマホで使う上において、とても便利なおサイフケータイは、今のところiPhoneでは、ほぼ使えないのです。おサイフケータイが使えれば自動チャージもスマホで設定できるのですが、iPhoneユーザーで支払い元のクレジットカードを楽天カード以外のものにしたい私は自動チャージもできず、クレジットカードからのチャージも、少し手間がかかる操作になってしまいます。

でも、こういったデメリットを考慮しても、生活圏内のお店でほぼ使えるのは、とても魅力的です!

Edyへのチャージで上限5,000円分のEdyがもらえる【マイナポイント事業】| 電子マネー 楽天Edy
マイナポイント事業の決済は楽天Edyで!Edyへのチャージで上限5,000円分のEdy(マイナポイント)がもらえます。キャッシュレスでのお支払いは、楽天Edyで。

コメント